簡単な防犯対策がある|庭に砂利を敷くだけでいい

婦人

犯罪に備えましょう

玉砂利

防犯対策に自宅周辺に防犯砂利をまくことは有効な手段の一つです。防犯砂利は特殊な加工をされたもので、踏むと音が鳴ります。空き巣の犯人は人に気づかれる音を嫌がりますから、空き巣に入ろうとする犯人をためらわせる効果があります。また防犯意識の高い家であることのアピールすることが出来ます。

家屋への侵入を石で防ぐ

家

お庭の景観を演出するのに使われる玉砂利は、敷き詰めておくと侵入者を音で察知できることから防犯目的でも活用されています。中には防犯用として音が出やすい玉砂利も販売されているので、侵入されやすそうな場所に敷き詰めておくと効果的です。

庭造りの際に検討したい

砂利

防犯効果を期待して美しい

エクステリアを検討する際に防犯砂利を検討する方も多いです。おうちの周りに砂利を敷き詰めている物件が多くありますが、防犯効果も期待できるとしたら、普通の砂利と防犯砂利とどちらを選ぶでしょうか。各メーカーから種類豊富に販売されているので色や質感も豊富にあり、家の美観を損ねずイメージにあったエクステリアが実現します。選ぶ砂利の色でずいぶんイメージが変わってきますので、どのようなカラーを取り入れるかは重要です。古くヨーロッパでは割れたレンガや瓦などを利用して庭に敷き詰めており、それが意外にも音がでて防犯面で役に立ったところからきています。最近日本で販売されている防犯砂利は、ガラス質でできており、その表面がこすれあうために大きな音を発生させます。どんなにそっと体重をかけても、表面がじゃりじゃりと音を立ててしまいます。音が大きく出るものでは昔の黒電話の音量よりも大きな音を発することが可能ですから、踏み込んだ泥棒本人がびっくりするほどの音を出すことができます。空き巣に入ろうと思った矢先に大きな音がでてしまっては見つかるのを恐れた泥棒が逃げて行ってしまいます。庭を造る際には、防犯砂利の検討がおすすめです。専門家のアドバイスを受けることで効果的に防犯砂利を敷き詰める方法や、どのような場所にどれくらい敷いたらよいかなど適切な視点からのアドバイスが得られます。防犯砂利は庭造りの一環としてしっかりと対策を練っておく必要があります。

手軽にできる防犯対策

防犯

防犯対策はお金がかかる、工事に手間がかかるというイメージもありますが、防犯砂利なら庭や窓の下に敷き詰めるだけですので、誰にも簡単に作業が行えます。砂利を踏むことで大きな音が鳴るので不審者の侵入を防ぐ効果が期待できます。